難関校を目指すにあたってどうすべきか知っておくと便利

サイトマップ

トップバナー

難関校を目指すなら、小3から

必死に勉強

夏期講習での塾デビュー

中学の受験を受けるか受けないかは、子供が産まれたとき、または、その前から子育ての計 画として考えている親御さんが増えました。各家庭の経済状況によっても異なりますが、ず っと国公立で進学させるのか、私立に進学させるのかという事に関しては、それぞれの意見 があります。

また、中が受験を確実に考えているのであれば、難関校を目指す場合は、小3の夏休み前に 塾さがしの行動に出なければなりません。夏期講習での塾デビューを果たしましょう。夏期 講習で塾になれて、友人もできて続けたいと思ってもらう事が大切です。また、小4になり 正式な入塾が出来れば、選択できる学科が広がります。

遊ぶ親子

早い時期での通塾をお勧め

中学受験は、国語算数のみの2科目受験型、国語、算数、理科、社会の4科目受験校があり ます。理科、社会は小4から始めなければならないので、4科目受験校を目指しているので あれば、小4から塾に通わせる事をお勧めします。慣れておけば、その後の学習にとても 役立つのです。

本人のやる気次第では、小2、小3からの通塾も悪くない依正。低学年ならば、遊びながら 学ぶといった授業になります。塾や先生に慣れていれば、そののちに可愛がってくれ、目 をかけてくれます。難関校受験をしている子は、親子人三脚をしなければなりません。長 丁場の戦いを覚悟するのであれば、早い時期での通塾をお勧めします。

小5からの通塾は的を絞って

ポイント

中学受験が頭にありながらも、小5まで子供が成長してしまった。今からでも間に合うのか と不安に思っている親御さんは案外多いのです。どうにか間に合わせる事が出来ます。です が、小5からの通塾は、目的を絞るという意味で、少しの妥協が必要になります。例えば、4 科目受験よりも、2科目受験をお勧めします。

利か、社会は知識が豊富に必要になります。例えば、社会では、4年生のうちに日本地理、 産業分野を終え、知識と絡めながら5年からは歴史の学習が始まるので、5年からの通塾で ついていけずに、理社の挫折から、受験へのモチベーションがダウンしてしまうというお 子さんは多くいます。

先生とノート

よほど、学力に自信がない限り、難関校を受験する事は至難の業となるでしょう。学校の成 績がどれほどよかったとしても、学校の勉強のみでは、中学受験に挑めないという現状があ ります。自分の学力よりも、偏差値が5程度上の学校を目指す事から始めましょう。そして、 学校の成績が今1つの状態で私立校を目指すのであれば、子供の性格や素質に適した学校を 探す事が大切になります。

学業以外にも、様々な場面で力を入れている学校、入学時の偏差値と比べて、ずっと大学進 学までの道のりをサポートしてくれるような学校等、様々な学校の特徴を組んだうえで塾の スタッフが学校を探してくれるというサポートが行われている塾もあります。集団塾での内 容についていけないのであれば、個別指導の塾に通う事をお勧めします。

塾の選び方の基礎的知識