塾の講師と共に、家庭学習の面倒を見ながら子供の学習を見守る

サイトマップ

トップバナー

子どものノートで塾をチェック

鼻にペン

初めは、お子さんのノートを見ましょう

まず、お子さんを塾に通わせるなら、指導を塾に任せるのではなく、ご両親が家庭学習の 面倒を見なければなりません。初めは、お子さんのノートを見ましょう。チェックする項 目は、以下の通りとなります。まず、板書がされているかどうか、鉛筆だけでなく、青や 赤ペン、蛍光ペンなどで大切なポイントを理解して書いているでしょうか。

もしも、そういった点が出来ていないのであれば、アドバイスしてあげてください。もし お子さんが出来ているのであれば、少し大げさなくらいに褒めてあげましょう。また、板 書の内容で優れた授業かどうかの判断をする事が出来ます。板書が明らかに不十分ならば 塾に報告し、授業中の子どもの面倒を持ってみてもらうようにしなければなりません。 このようにお子様のノートの書き具合などからもお子様の塾での姿を想像し、必要であれば、 塾に必要な要請をだすことが大切です。ノートにほとんど授業の内容を書いていないようであれば、 授業に集中していない証拠ですので、そのようなことがないか親御さんがチェックする必要があるのです。

ランドセルをした小学生

宿題がされているかという事もチェック

過程と塾の連携プレイは、まさに、よく言う、ほうれんそうなのです。とても重要な事と なります。そして、宿題がされているかという事もチェックしなければなりません。算数 であれば、式がきちんと書かれているかなどの点をチェックしましょう。また、回答、採 点した地点で、自己採点が出来ない子供であれば、親御さんが採点してあげてください。

また、計算がノートの端などでぐちゃぐちゃになっているのであれば、別の計算用紙を用 意してあげましょう。実際、塾は親御さんがノートをチェックしていると思って教えてい るのです。あまり大きな声では言えませんが、生徒カルテには、ご両親の関心度を示す物 があり、ご両親が相談した内容が、ノートに反映されてきたのであれば、アフタフォロー を行ってくれたりもします。このように連携することで、お子様の状態がより詳しく わかるのです。

塾に通わずに家庭学習で乗り切る

ポイント

塾に通わせずに、受験を乗り切るが出来たという親子がとても増えています。これは、中学 受験を経験した事のある方が親で、経験から教えられる知識が豊富な人が家の中にいたとい う理由があります。もし、あなたが通塾させずに家庭学習のみで受験させたいと思っている のであれば、こういった条件は必要不可欠だと思います。

ご両親のどちらかが中学受験を経験した人である事、中学受験は特殊な学習やアプローチが 重要となるので、どれほど優秀なご両親でも、経験者でなければ乗り越えられない問題が出 て来てしまうのです。また、経験者であるご両親が、お子さんに学習を教えられる時間があ り、根気と自信がある事が必要不可欠です。

面談

ホワイトボード等を自宅に準備する事画出来る事、小さい乳幼児等が家におらず、勉強する 事の出来る課程環境である事、経済的な事情から塾に通わせるのが難しい、夕食は家族そろ って強く食べたいと願っている、何よりも、本人のモチベーションが高い事等が必要となる 条件なのではないでしょうか。

家庭学習をする際に、オススメの書籍があります。それは、四谷大塚という作家が書いた予 習シリーズ各教科というものです。受験に必要な分野をカバーしてくれるロングセラーの教 材となっています。塾などでも使用されているので、価値はとても高い物です。この書籍は 、通販で購入する事が出来ます。高いですが、その分効果があるのであれば、安い教材をムダに何冊も 買うよりはよいですよね。

塾の選び方の基礎的知識