多様化している幼児塾について学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

多様化する幼児塾

ファミリー

体を動かしながら音楽に乗せて楽しむ

少し前まで、幼児教育と言えば、体を動かしながら音楽に乗せて楽しむというとミックや、 英会話教室等が主流だったのですが、現在の幼児教育は多様化しています。最近、TV等で 取材されることが増える等、規模が大きくなった、いくつかの幼児学習の教室をご紹介い たします。

まず、MLSモデルランゲージスタジオという教室についてです。ここでは、頭、体、心を全 て存分に使用する事によって、ドラマ手法等を通し、英会話を学習する事の出来る教室で す。演じる事によって、表情が豊かになり英語も話せるようになるのです。日常的な生活 の会話は、頭と口だけではないですよね。

走る子供

ネイティブの講師とフィットネスをしながら英語

全身を使って学習する事で、英語でのコミュニケーション能力を向上する事が可能になる のです。これは首都圏に40校程度で、0歳から大人までのコースがあります。そして、次 は、ABCクッキングスタジオキッズについてえす。大人の料理教室としても、人気が高ま っている教室の幼児版です。

最近の食育ブームによって、料理を作る事を体験させる事によって、バランスのいい食事 を見つけたいという気持ちが読み取れます。全国40ヵ所もあり、親御さんも通う事が可能 です。また、MYGYMマイジムというものもあります。ネイティブの講師とフィットネスをし ながら英語を体で覚える体操教室です。

勉強の習慣を身につけさせましょう

ポイント

小学校二年生、または三年生と早い時期から塾に通わせる場合では、始めに塾に慣れさせ るという事を重点的に考えなければなりません。まず、お子さんへの強いプレッシャーが あり、塾そのものを拒絶するような事がないように、成績が本当にアップするかどうかな ど、模試の結果を考えすぎない事が大切になります。

また、塾に慣れさせるという事は、指定された時間に塾に足を運ぶという事、テキストや 筆記用具などの持ち物を自分で用意し、忘れ物を防ぐようにする事です。また、効率的な 板書の仕方を身に着ける事、テストの結果、連絡事項を保護者に伝える事、他の子供がい ても、勉強に集中出kる事が大切になります。

宿題をしている

自己管理能力に関係します。自立出来た生活習慣を身に着けるために、始めは目的から決 めなければなりません。そして、目的とは言いますが、すべてを起こさんに任せるわけで はなく、ご両親の手助けが大切になります。たとえば、宿題のやり方です。宿題用と授業 用のノートを分けるように指定されている事が多くあります。

その通りにしているかのどうかの採点をし、直しの作業が出来ているか、式が書かれてい るかなどをチェックしなければなりません。また、お子さんがわからない問題があるので あれば、ご両親が手助けをするか、先生に質問するか、一緒に考える事が大切になります 。次の授業で不十分だと判断し、前回の宿題で取り返して行うのはもったいないので、宿 題の進め方や管理法をお子さんとよく話し合わなければなりません。塾に任せきりで安心してしまうのは 危険ですので、しっかり見守る必要があるのです。

塾の選び方の基礎的知識