塾の環境とタイプ別を知りましょう

サイトマップ

トップバナー

入塾が視野にない人

子供

塾の環境になれる事が出来る

「子供を塾に閉じ込めるのはかわいそうだ」と自分自身が塾に通った経験がない親御さんはこういった意見を持っている事が多くあります。夜遅くまでの学習や、家族の団らんが減る、休日や夏休みも勉強の日々、テストに追われ獣医付けされてプレッシャーだらけというイメージを持っている人が多くいます。

これは、事実なのですが、子供たちは、それを当たり前と思い、とても楽しい塾での生活を送っている事も多くあります。大体のお子さ んは、塾の環境になれる事が出来ます。そこが自分の居場所だと思い、塾の生徒たちは家族のような結束を持っているように感じます。心 配している親御さんは、1度塾の体験会等に参加してみる事をお勧めします。

時計

規則正しい生活を送れるようになる

塾に通っている子供、休み時間の子供たちの動き等を見てみる事で安心できると思います。また、家族団らんについては、一緒にいるに越した ことはありません。塾通いをさせて、夜遅くに塾でお弁当を食べるような場合で、夜が遅いのが心配ならば、帰宅後は、お風呂と明日の準備、熟睡するだけにしましょう。

更に、勉強のスタイルを夜型から朝方に切り替える事で、規則正しい生活を送れるようになります。ですが、どこかしらで一緒にご飯を食べる等の家族の団らんは必要になります。お子さんが成長する上で必要な事です。家族からの安らぎ、励まし、応援が貰えなければ子供 は勉強への熱意が減ります。なので、塾に通わせて可哀想な思いをさせたくないのであれば、あなたが支えてあげる事が重要になるのです。

タイプ別

ポイント

お子さんの友人が塾に入塾し、塾の広告を目にして、または学校の成績が下がるなどして塾への興味を持つ方がいると思います。ですが、塾と一言で言っても様々なタイプがあります。どういったタイプがあるのでしょうか。まず、補習塾です。学校の成績をあげる事が目標とされています。学校の授業だけでは、周りについていけない子や、学校の教科書を見越した教材などを使用してし王を行っていきます。

授業料が1番リーズナブルです。そして、進学塾です。ここでは、受験をし、生徒を希望の学校に合格させる事が目的とされています。レベルを挙げるために、難易度の高い教材を使用します。競争意識を持たせるために大切になります。クラス分けがある塾によっては、入試の為のテストも用意されていたりします。また、授業料がお高くなります。通常の授業の他に、テキスト代、模試代、講習代、年間にすると100万円近くが必要になります。

女の子

総合塾のタイプです。補習塾都心がう塾の両方の機能があります。通っている生徒のレベルは様々で、入塾の為に大きな審査が存在しません。間口を大きく開けている事から、多くの子どもたちを入塾させる事が出来ます。また、補習で初めた子が受験に興味を持った際に、進学コースに変更できるというサービスもあります。

個別指導塾ですが、大きな教室の中に机を置き、様々な学年の生徒が、それぞれの科目を実習しながら先生が徘徊 し、質問があれば、それにこたえていくといった形が多いと思います。また、完全独立型の個別の部屋でマ ンツーマンで、一般の塾のように授業が行われている所もあります。個別時指導塾は4タイプに分けら れ、授業料が1番高いです。講師がお子さんに本当につきっきりになるコースは高いですが、その分効率性は非常に 高いと言えます。

塾の選び方の基礎的知識